2014年10月25日土曜日

第11回 花と爆弾寄付報告

2004年3月25日からの寄付金総額が1,851,275円になりました。

2004年3月25日の出版より10年7ヶ月が経った2014年10月24日に、第11回目となる収支計算をいたしました。この1年も、「花と爆弾コツコツ基金」に、皆様から多くの募金をお預かりすることができ、お陰様で今年も11万円の寄付をさせていただくことができました。いろいろな形でご支援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

++    ++    ++    ++    ++

第11回収支報告
『花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-』
2013. 10. 01 - 2014. 10. 24

■収入
前年度繰越金 940円
「花と爆弾」詩画集(14冊)より20,800円
花と爆弾コツコツ基金 114,140円
総収入 135,880円

■支出
出版経費(670×14) 9,380円
諸経費(振込み手数料、イベント2回のチラシ・会場費など) 15,162円
総支出 24,542円

★純益 111,338円
(11万円寄付、1,338円次期繰り越し金へ)

☆ 寄付内訳 ☆
宝塚・アフガニスタン友好協会(TAFA) 10,000円
ペシャワール会 10,000円
カレーズの会 10,000円
JVCイラク基金 10,000円
日本イラク医療支援ネットワーク 10,000円
イラク支援ボランティア・高遠菜穂子さん 10,000円(緊急支援として2014年4月に寄付)
イラクの子どもを救う会 20,000円
福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト 15,000円
まつもと子ども留学基金 15,000円

 計 110,000円 

■今回初めて寄付をさせていただいた団体紹介

カレーズの会=日本に留学していたアフガニスタン人の医師たちが中心となって、彼らの故郷カンダハルで行われている医療・教育の支援団体です。アフガニスタンの人々自身が子ども達のために懸命になって活動されている姿に感銘を受けました。

まつもとこども留学基金=保養という短期間ではなく、長期間放射能汚染の少ない場所でこどもたちが生活できる環境を・・・との願いで、長野県松本市に用意された留学プログラムです。貴重な試みと思い、寄付をさせていただきました。




♪花と爆弾コツコツ基金の内訳並びに主な支援者のご紹介

2014.3.30 「一万年の旅路」語りの会vol.3@サラシャンティ での
                  「花と爆弾」への募金・24,400円

2014.10.5 「南極~剥き出しの地球に包まれて」チャリティ・トーク会@フォアベルク神戸での
       「花と爆弾」への募金・46,000円

イラストレーター・武市りえ さんの「花と爆弾」ブローチから・4,400円

         
 今年度もたくさんの皆様から様々な機会に「寄付してください」と託されました。
また今年度も小西英治様より毎月のご支援を頂きました。
ありがとうございました。

2014年10月24日に寄付を送金させていただきました。


 
これからの1年・・・世界がこれ以上暴力的にならないことを祈りつつ、できることを続けていきたいと思います。

2014年10月18日土曜日

「花と爆弾」賛同企画・「カノンだより」vol.3上映会@小さき声♡カフェ


放射能社会を生きる連続セミナー第6回 

小さき声♡カフェ~被ばくのこと、もっと知りたい、話したい~
with「カノンだより」vol.3 上映会

日時:2014年11月16日(日)14:00~16:45(13:30開場)
場所:フォアベルク(VORWERK)神戸ショールーム
神戸市中央区磯辺通4-2-14エスリード三宮フラワーロード(東遊園地東向かい)
TEL:078-221-8800 MAP:http://www.vorwerk-kansai.jp/web/?page_id=44
参加費:800円(高校生以下無料)/ 原発避難者の方は400円


カノンだより」vol.3 鎌仲ひとみ監督作品内容
♡かつての汚染地に帰還する子どもたち
♡「小さき花」が広がるように!
♡市民の思いと力
♡保養体験女子会@ベラルーシ

六甲のカフェ・matoca&コープ自然派のドリンク・スイーツ販売あり

マットあり、お子様連れ歓迎、お持込の飲食もOKです

予約は不要ですが、人数把握のためご連絡いただければありがたいです。

問合せ先:高橋 090‐3652‐8652  ・小橋 kaorukobashi★hotmail.com(★を@に変えてください。)
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/

2014年7月25日金曜日

南極~剥き出しの地球に包まれて~@「花と爆弾」チャリティ・トーク会

「花と爆弾」 チャリティ・トーク会

    南極~剥き出しの地球に包まれて~
  


                                                                             
             トーク:岩野祥子さん(第42・48次日本南極地域観測隊員)
                                                                             
           日時:2014年10月5日(日)14:00~16:30(13:30開場)

    会場:フォアベルクホール(VORWERK神戸ショールーム地階)
      (三宮フラワーロード東遊園地向かい)
     神戸市中央区磯辺通4-2-14 TEL:078-221-8800

     参加費:無料(募金をお願いします)  
     
                                                                             
                                                                             
岩野祥子さんからのメッセージ

南極は、剥き出しの地球を感じられる、地球上でも特別かつ重要な場所です。

約2年4カ月、南極で暮らし、南極観測隊としての仕事を経験させていただいたおかげで、時間・空間のとらえ方や価値観が変わりました。

南極での暮らし、自然、生き物、仕事などについてご紹介させていただくとともに、南極に出会ったことで、私自身にどんな変化が起きたかについてもお伝えできればと思います。

大切に思えるものに出会うことで、誰もがよりよい人生を生きることができると思っています。多くの人の支えによって私自身が学び、成長させていただいたように、私の経験を伝えることで、巡り巡ってどこかの誰かの役に立てればと願い、精一杯、お話しさせていただきます。
                                                                        
                                                                             

岩野祥子さん/プロフィール
1975年生まれ。愛知県出身。京都大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)。第42・48次日本南極地域観測隊に参加し、約2年4カ月、南極で地殻変動の観測などの任務にあたった。東日本大震災以降、主に宮城県東松島市で被災地支援活動を継続。著書(共著)に『南極読本ー隊員が語る寒冷自然と観測の日々』(成山堂書店)
                                       




主催: 花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ

問合せ: 小橋かおるkaorukobashi@hotmail.com

募金の全額は 、アフガニスタンとイラクと福島の子どもたちのために活動する団体に
寄付させていただきます。 
詳細: 花と爆弾HP





追記:募金へのご協力、ありがとうございました

「南極~剥き出しの地球に包まれて」チャリティ・トーク会は、盛会の内に無事終了致しました。
また会場にて、たくさんの募金をお預かりいたしました。
募金箱への46000円、「売り上げのすべてを募金に」とイラストレーターの武市りえさんが作って持ってきてくださった「花と爆弾ブローチ」への募金4000円を合わせて、5万円の募金が集まりました。

お預かりしました募金の全額を、アフガニスタン、イラク、福島の子ども達のために活動する団体に寄付をさせていただきます。寄付は、この1年間の「花と爆弾」に寄せられたご支援とともに、今月(10月)末に行う予定です。また後日ご報告させていただきます。

当日のトークの内容など、下記ブログにて少しご紹介いたしておりますので、よろしければご覧ください。
http://flowersandbombs.blogspot.jp/2014_10_01_archive.html


ありがとうございました☆

2014年6月29日日曜日

今夏も、FM宝塚さんに出演します♪(7月3,10,17,24,31日)

FM宝塚さんのスタジオにて♪
JIM-NETさんのCD[Children in Iraq} と
田中ルミ子さんの歌うCD「花と爆弾」を手に

これまでも度々夏のゲストとしてお招きいただいている、FM宝塚の番組「たからづかフォーリンカルチャー」さんに、今年も出演させていただくことになりました♪

私が出演させていただくのは、7月の木曜日の朝8時20分(再放送は18:20~)からの20分間です。

パーソナリティの後中陽子さんが、「花と爆弾」の短歌を中国語に訳してくださったり、その時々の私の思いをインタビューしてくださったり、また私の選曲で音楽をかけていただいたりと、とっても楽しい20分間です。

リアルタイムで、ネットでも放送されています。ぜひお聞きください♪
こちらのサイマルラジオのサイトから、 http://www.simulradio.jp/#kinki
FM宝塚を見つけて、「音声を聞く」をクリックしてください。


放送予定を少しだけ

7月3日
Topic: アフガニスタンとイラクの子どもたちのために

    「花と爆弾」と支援させてもらっているNGOのご紹介
Music: CD[ Children in Iraq ] より [もしもみながあなたのようだったら ]
およそ10年前、現在の現在の日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)の事務局長の佐藤真紀さんのイラク報告会で、購入させてもらったCDより、イラクの歌声をお届けします。
宝塚アフガニスタン友好協会の西垣敬子さんのアフガニスタンのヘラート大学支援のお話も少しご紹介いたしますね。

7月10日
Topic: ピースキャンドルと「7世代に思いをはせて」
Music: アーティスト名[Beatles ]  曲名[All you need is love ]
先日300号を発行した拙メールマガジン「7世代に思いをはせて」。約6年間1週も欠かさず毎週土曜日に発行できたことへの感謝と、先月始まった新たな月に1回のアクション「ピースキャンドルこうべ」についてご紹介します。

7月17日
Topic: 新エネルギーをすすめる素敵な市、宝塚! 
Music: アーティスト名[ 矢谷トモヨシ] 曲名[ 嬉しいさよなら]
私も会員になっているNPO法人新エネルギーをすすめる宝塚の会の活動を中心に、市民と市政が一緒になってとりくむ様子をご紹介させてもらえたらと思います。

7月24日
Topic: 放射能から子どもたちを守るために
Music: アーティスト名[だるま森+えりこ ] 曲名[セカイジュウノコドモタチガ ]
私が世話人を務めさせてもらっている「放射能社会を生きる連続セミナー」とこの夏の福島の子どもたちの保養キャンプ支援イベントについてご紹介いたします。
*福島の子どもたちの保養キャンプ支援ライブイベント(花と爆弾賛同イベント)
『大人は未来に何をのこすの』
日時:2014年7月27日(日) open 15:30 start 16:00~21:00
会場:上屋劇場(神戸ポートタワー近く)http://uwayagekijyo.com/map/
予約前売り:1000円、当日1200円(1Drink付き、500円を支援に充てます)
主催:「大人は未来に何をのこすの」
予約・問合せ: 佐々木Papa papaya_pingu@hotmail.co.jp



7月31日
Topic: 花と爆弾チャリティ・イベント「南極・剥き出しの地球に包まれて」
Music: アーティスト名[ ココペリ ] 曲名[地球が笑う日 ]
毎年秋に開催させてもらっているチャリティイベント。今年は、南極に2年4ヶ月も滞在された女性をお招きしてのトーク会です。詳しくはこちらもご覧ください。→「南極・剥き出しの地球に包まれて」

毎回のクロージング・ナンバーは、 
アーティスト名[田中ルミ子 ] 曲名[花と爆弾 ]です。


ぜひ、聞いてください☆




追記:
「たからづかフォーリンカルチャー」ってどんな番組?
月曜日から木曜日まで、朝8時台と18時台に放送している多言語情報番組です。
8:00(18:00) 韓国・朝鮮語
8:20(18:20) 中国語 (金曜日はポルトガル語)
8:40(18:40) 英語 
詳細はFM宝塚オフィシャルサイトをご覧ください→http://835.jp/
私は木曜日の中国語コーナーのゲストです




2014年5月16日金曜日

花と爆弾賛同アクション:ピースキャンドルこうべ♪




「一緒に歌いませんか?」と、
昨年関東から神戸に引っ越してこられた女性、ますみさんに声をかけられました。

お聞きすると、これまでも反戦イラク帰還兵の会アーロン・グランツ著の「冬の兵士-イラク・アフガン帰還米兵が語る戦場の真実」の翻訳などにも関わってこられた方で、「誰にでも無理なくできるピースアクションを」と、街角でキャンドルを持って、平和の歌を歌う「ピースキャンドル」を、関東でもずっと続けてこられたそうです。

神戸に来られて、ほぼ半年。
神戸でもやはり「無理なくできるピースアクション」として、ピースキャンドルを始めたいと思われ、
私もお誘いいただきました。


歌は、ピースキャンドルちばの皆さんがずっと歌われているものをメインとしますが、
私もせっかくなので、「花と爆弾」を歌わせてもらいたいと思います。


「私にもできそう」と思われた方、ぜひぜひピースキャンドルこうべにご参加ください☆


♪ピースキャンドルこうべ
平和への思いを大きな歌声にしましょう♪
日時:毎月第3水曜日→初回は6月18日、午後6時45分から(約1時間ほど)
場所:JR元町駅 東口南側
持ってくるもの(できれば):キャンドル&キャンドルグラス
連絡先:rainbowmandara@hotmail.co.jp(高橋ますみ)





皆で歌う曲目については、下記サイトをご参考にしてください
★ピースキャンドルちば(歌集)
http://music.geocities.jp/peacecandlechiba/page002.html


私が歌わせてもらう曲(いつかは皆さんと一緒に歌いたいです☆)


花と爆弾

C#m          G#m(7)      C#m(7)
爆弾が空から降ってくる年は
B                           C#m B C#m
児らよ小熊とふゆごもりせよ
C#m          G#m        C#m
さあみんな巡航ミサイルにまたがって
B                           C#m B C#m
月に向かってクルーズしよう
B              C#m7
弾倉に石鹸水を込めて打て
G#m                              B
虹のシャボンを空に飛ばそう
A                     C#m
核弾頭を集めて送ろう木星へ
A        B           C#m B C#m
春には桃の花が咲くから
A                     C#m
春の野に対人地雷の球根が
          A               B G#m7 C#m
チューリップの花とりどりさかす
C#m          G#m        C#m
曇りのち時々爆弾降る町に
B                       C#m B C#m
児らは光をすくって遊ぶ




さあみんな巡航ミサイルにまたがって
に向かってクルーズしよう
「花と爆弾ーもう、戦争の暴力はやめようよ」より

2014年4月25日金曜日

花と爆弾賛同企画:放射能から子どもを守るために@5月18日(日) 

放射能社会を生きる連続セミナー第5回

 
講演会

放射能から
子どもを守るために


講師:小児科医 入江紀夫先生(医療問題研究会)

演題:放射能の人体への影響
   ー福島における甲状腺がんの多発を考える





日時:2014年5月18日(日)14:00-16:45(13:30開場)

会場:神戸市勤労会館403号室
    市営地下鉄・JR・阪急・阪神各三宮駅から東へ徒歩5分

参加費:一般700円 / 原発避難者の方は300円




3月にドイツで開催された「原発事故がもたらす人体と環境への影響に関する国際会議」における、入江先生のご発表をもとに、放射能から子どもたちを守る方法をともに考えましょう。



予約は不要ですが、人数把握のためご連絡いただければありがたいです。

問合せ先:高橋 090‐3652‐8652  ・小橋 kaorukobashi@hotmail.com

主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/






【賛同団体】
給食@コミュニティー 原発の危険性を考える宝塚の会 神戸市給食の安全を考える会 小まめ堂 食品公害を追放し安全な食べ物を求める会 生活協同組合コープ自然派兵庫 生活協同組合兵庫いきいきコープ 生活クラブ生活協同組合都市生活 脱原発・明石たこの会 脱原発はりまアクション 花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ 兵庫県被爆二世の会





【後記】
上記、放射能から子どもを守るために 講演会は無事終了いたしました。
講演会の内容を少し下記ブログにてご紹介いたしておりますので、ご覧下さい。
ブログ:Words for Peace

放射能から子どもを守るために 講演会報告

http://flowersandbombs.blogspot.jp/2014_05_01_archive.html

2014年1月31日金曜日

「花と爆弾」チャリティ・イベント3・30・2014☆一万年の旅路 語りの会 vol.3

2011年9月と12年3月に開催させてもらった
一万年の旅路 -ネイティブ・アメリカンの口承史の語りの会のvol.3です。

厳しいけれども、未来を求めて「海の渡り」を選択したいにしえの人々。
彼らはいかに知恵を求め、知恵を身につけ、困難を克服していくのか。。。

物語はいよいよ「海の渡り」のクライマックスへ。

今、大きな過渡期にある私たち。
先人たちが残してくれた言葉に耳を傾けてみませんか?


~ロウソクの灯りのもとで語る<古の物語>~
一万年の旅路 -ネイティブ・アメリカンの口承史vol.3

日時:2014年3月30日(日)
14:30~17:00 (14:00開場)
場所:サラ・シャンティ(阪急六甲駅南徒歩1分)
参加費:無料(募金をお願いします)
語り:鹿島さゆり

主催:「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」
お問い合わせ:小橋かおる kaorukobashi@hotmail.com
または、健康道場サラ・シャンティ
Tel&Fax:078-802-5120

口承史「一万年の旅路」について
一万年間語り継がれたモンゴロイドの大いなる旅路。私たちの先祖とも言える人々が、生きる大地を求めて旅をし、自分たちの体験や学びや知恵を未来の、そのまた未来の子供たちへと残していくために語り継がれてきた物語。
この世界の変革期に、先祖たちの声に耳を傾けてみませんか。



当日お預かりいたしました募金は、全額をアフガニスタンとイラク、そして福島の子どもたちのために活動するNGOに寄付させていただきます。
その他の寄付先や活動の詳細は「花と爆弾」HPをご覧ください。
http://www1.plala.or.jp/cheko/kaoru/
                       



会場:サラ・シャンティへの行き方。

マンションの2階なのでわかりにくい感じがしますが、
阪急六甲南側の六甲八幡神社敷地の北東部に沿ったマンションで、
1階には「シャンティ・スポット」というギャラリーがあります。
道からマンション2階を見あげると、「健康道場サラ・シャンティ」と書いてある大きな窓があるので、「あ、あそこが会場か」とわかると思います。

マンションの中に入って、奥のほうにある階段を上れば、
2階で階段のすぐそばの部屋です。



【後記】


「一万年の旅路」vol. 3 にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。 午前中の嵐には驚きましたが、午後にはすっかりやみ、語りの会が始まる頃には、明るい日差しが差し込むという、太陽からの祝福も;-)
おかげさまで、募金も24400円も集まりました!!
アフガン、イラク、福島の子どもたちのために活動する団体に寄付させていただきます。感謝です☆

大雨の後、日が差し込んできた「一万年の旅路」語りの会の部屋。
準備をしながら、なんだか祝福されている気がしました。

2014年1月17日金曜日

花と爆弾賛同企画:地域とつながる愛の給食交流会☆2/22/2014



放射能社会を生きる連続セミナー
第4回 

~神戸でも中学校給食が導入されます
 栄養教諭と考える~

地域とつながる愛の給食 交流会






地域の農家と栄養教諭がつながって、子どもたちに提供されている兵庫県宍粟市の学校給食。そこから広がる子どもたちの地域の農業、暮らし、自然への関心。学校給食という「食」を通して、地域全体で子どもたちを育むことができるのでは・・・そんな愛ある給食の可能性を、宍粟市の栄養
教諭・田路永子先生にお話いただき、神戸市の学校給食について皆で考えたいと思います。

日程:2014年2月22日(土)14:00~16:30
会場:兵庫勤労市民センター 講習室
JR/兵庫駅北側1分(横断歩道橋をご利用ください)
アクセス:http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/hyogo/index.html
参加費:800円(小学生以下無料)/ 原発避難者の方は400円

【内容】
●地域とつながる愛の給食:
講師 田路永子・宍粟市立千種小学校栄養教諭

●神戸市の現状報告:
・小学校給食の現状について
・4月から導入される中学校給食について

●会場では、阪神放射能測定所の紹介、こだわりのおやつコーナーの
設置も予定しています。

予約は不要ですが、人数把握のためご連絡いただければありがたいです。
問合せ先:高橋 090‐3652‐8652  ・小橋 kaorukobashi@hotmail.com
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/


Facebookにもイベントページを作りました。
https://www.facebook.com/events/1406654039582096/
シェアなどして、情報拡散していただければ幸です。