2013年10月19日土曜日

花と爆弾賛同企画・我が家のノンベク食生活交流会☆2013/11/17



放射能社会を生きる連続セミナー
第3回 我が家のノンベク食生活~交流会~


なるべく放射性物質を
食べ物から取り込まないように、
ノンベク=放射能汚染ゼロの食生活をめざし、
家庭でできる技と知恵をシェアしましょう♪




日時:2013年11月17日(日)14:00~16:30(13:30開場)
場所:フォアベルク(VORWERK)神戸ショールーム
神戸市中央区磯辺通4-2-14エスリード三宮フラワーロード(東遊園地向かい)
TEL:078-211-8800 MAP:http://www.vorwerk-kansai.jp/web/?page_id=44
参加費:800円(小学生以下無料)/ 原発避難者の方は400円

内容:
・麗奈家のノンベク弁当
(学校給食、食べさせる?食べさせない?~ひとつの実践例として)
・なみほ家の米栽培
(手植え・天日干し神戸市北区産ノンベク米の栽培から、主食の大切さを考えよう)
・順子家のスイーツレシピ
(3.11後のこどものおやつ~郷土食やマクロビオティックを参考に~)
・阪神市民測定所紹介
(食べ物の放射能汚染・・・国や行政に任せていられないから、自分でチェック!)
・美浜原発の地元新庄地区の低農薬米と
「森と暮らすどんぐり倶楽部」の手作りグッズの紹介
(食べて脱原発のまちづくりを応援!)

会場では、ノンベクレルを心がける食品などの
試食・紹介ブースの設置も予定しています。
お子さんも一緒に、わいわい♪がやがや♪
おしゃべりしながら、食べながら、
明日へのヒントを探りましょう。

予約は不要ですが、人数把握のためご連絡いただければありがたいです。
問合せ先:高橋 090‐3652‐8652  ・小橋 kaorukobashi@hotmail.com
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/

最新情報はFacebookでも☆
放射能社会を生きる連続セミナー
第3回 我が家のノンベク食生活~交流会~
https://www.facebook.com/events/407166292746349/?source=1

2013年10月5日土曜日

第10回 花と爆弾寄付報告


2004年3月25日からの寄付金総額が1,741,275円になりました。

2004年3月25日の出版より、9年6ヶ月が経った2013年9月30日に、第10回目となる収支計算をいたしました。この1年間、原発問題や日本の子どもたちを守る活動にかかりきりでしたので、あまり『花と爆弾』の活動はできなかったのですが、今年度も「花と爆弾コツコツ基金」に、皆様から多くの募金をお預かりすることができ、お陰様で今年も117,700円の寄付をさせていただくことができました。いろいろな形でご支援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

++    ++    ++    ++    ++

第10回収支報告
『花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-』
2012. 10. 01 - 2013. 9. 30

■収入
前年度繰越金 1,200円
「花と爆弾」詩画集(5冊)より6,900円
花と爆弾コツコツ基金 125,330円
総収入 133,430円

■支出
出版経費(670×5) 3,350円
諸経費(振込み手数料、ライブのチラシ・会場費など) 11,440円
総支出 14,790円

★純益 118,640円
(117,700円寄付、940円次期繰り越し金へ)

☆ 寄付内訳 ☆
宝塚・アフガニスタン友好協会(TAFA) 15,000円
ペシャワール会 10,000円
JVCイラク基金 10,000円
日本イラク医療支援ネットワーク 20,000円
イラクの子どもを救う会 20,000円
福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト 12,000円
なないろふくしま(野菜カフェなないろ)10,000円+15,700円(募金@Peace aLive)
あとりえとおの 5,000円(福島からの画家さんへの「恩送り」支援@Peace aLive)
計 117,700円 

♪花と爆弾コツコツ基金の内訳並びに主な支援者のご紹介
2013.9.14第10回 花と爆弾Peace aLiveでの
                 「花と爆弾」への募金・61,630円
                 東北支援「吟遊詩人社」ブース「野菜カフェなないろ」への募金・15,700円

今年度はたくさんの皆様から様々な機会に「寄付してください」と託されました。
また今年度も小西英治様より毎月のご支援を頂きました。
ありがとうございました。
2013年10月4日寄付送金先
一覧


ありがとうございました♪
(今年より仲間に加わった我が家の子猫もごあいさつ;-)

第10回花と爆弾Peace aLiveの様子はブログでもご紹介いたしております。
http://flowersandbombs.blogspot.jp/2013_09_01_archive.html

2013年7月26日金曜日

♪FM宝塚に小橋かおるがゲスト出演(8月1・8・15・22・29日)

FM宝塚にて収録中♪

 これまでも度々8月のゲストとしてお招きいただいている、FM宝塚の番組「たからづかフォーリンカルチャー」さんに、今年も出演させていただくことになりました♪

「たからづかフォーリンカルチャー」ってどんな番組?
月曜日から木曜日まで、朝8時台と18時台に放送している多言語情報番組です。
8:00(18:00) 韓国・朝鮮語
8:20(18:20) 中国語 (金曜日はポルトガル語)
8:40(18:40) 英語
詳細はFM宝塚オフィシャルサイトをご覧ください→http://835.jp/
私は木曜日の中国語コーナーのゲストです
パーソナリティの後中陽子さんが、「花と爆弾」の短歌を中国語に訳してくださったり、その時々の私の思いをインタビューしてくださったり、また私の選曲で音楽をかけていただいたりと、とっても楽しい20分間です。

リアルタイムで、ネットでも放送されています。ぜひお聞きください♪
http://tunein.com/radio/FM-Takarazuka-835-s8638/


放送予定を少しだけ

8月1日
宝塚の素敵な人々が立ち上げた「新エネルギーをすすめる宝塚の会」と手作り市民太陽光発電所のご紹介。実は私も「新エネルギーをすすめる宝塚の会」の会員なのです☆
Music: アーティスト名[ さわむらしげはる ]   曲名[  オ・マ・ツ・リ   ]

8月8日
神戸大学教授でいらっしゃった中川保雄先生のご著書『放射線被曝の歴史』についてご紹介させていただきます。とても貴重な警鐘の書で、ブログWords for Peaceでも内容を少しまとめさせてもらっていますので、ぜひ、ブログもご覧ください。
ブログ:Words for Peace
・『放射線被曝の歴史』を読んで:ICRPの精神とは?
http://flowersandbombs.blogspot.jp/2012_03_01_archive.html
・繰り返される過小評価:放射線被曝の危険性~広島・長崎~チェルノブイリ~福島
http://flowersandbombs.blogspot.jp/2012_07_01_archive.html

Music:アーティスト名[ラグパパス・ジャグバンド]  曲名[ パラレルワールド ]

8月15日
終戦の日に思うこと  ・・・戦争は68年前に終わったことになっていますが、本当にそうだったのか・・・、今また様々な形で自由が規制され、暮らしが壊されているのではないか・・・そんな思いを語ります。

Music: アーティスト名[ 丸岡淳二 ]      曲名[ アルバイト ]

8月22日
マスメディアと「7世代に思いをはせて」と題して、マスコミが伝えないもの、そして見えなくなったものを自分で見つける大切さについて、お話させてもらいます。
参考サイト:小橋かおるメールマガジン「7世代に思いをはせて」
http://archive.mag2.com/0000273399/index.html

Music: アーティスト名[ かずぅ ]  曲名[ モザイク ]

8月29日
毎年9月に開催させてもらっている9月のチャリティイベントも今年で10回目。今年は、「花と爆弾Peace aLive」と題して、にぎやかなライブイベントを開催します。即座に出演を引き受けてくださったアーティストの皆様、ブースを出店してくださる皆様、ほんとうに多くの方の平和への祈りを実感させてもらえた10年でした。

Music: アーティスト名[ 矢谷トモヨシ ]  曲名[ 未来の子どもたちへ ]

以上、選曲させていただいたアーティストの皆さんは全員、9月のチャリティ・イベントにご出演いただく予定です☆
花と爆弾Peace aLiveの詳細はこちら↓
http://whatsnew-on-flowersandbombs.blogspot.jp/2013/06/102013914.html


全5回の放送のエンディングの曲は、田中ルミ子さんの歌う「花と爆弾」。
ルミ子さんを始め、アーティストの皆さん、読者の皆さん、またパーソナリティの後中陽子さん・・・多くの方々の平和への祈りをお寄せいただいたこの10年に、深く感謝しています。

2013年6月2日日曜日

第10回花と爆弾ピースライブ!♪2013年9月14日(土)♪

The 10th Charity Event in September


「祈り」 by
イラストレーター:武市りえ



花と爆弾 Peace aLive


2013年9月14日(土) 
14:00~18:00ごろ
at ロッコーマン・ホール
(三宮と元町の間のトアロードの西あたり)
★!!入場無料!!★ 
★募金をお願いします★



2004年から毎年9月に開催してきたチャリティイベントも今年で10回目となりました!
楽しく、にぎやかに、チャリティしちゃいましょう♪

ラグパパス・ジャグバンド
 
♪出演予定ミュージシャン


ラグパパス・ジャグバンド  (とっても愉快なジャグバンド)





(爽やかな詩、パワフルな歌声)
かずぅ  (不思議なグルーブ感)







丸岡マルコ淳二 (ちょっぴりほろりとなる優しい歌声)



                              

アートTシャツ by
イラストレーター・武市りえ





お菓子や飲み物、雑貨のブースもあります

カフェmatoca from 六甲
 (オーガニックなスィーツに紅茶&珈琲)

(特)one village one earth(フェアートレード雑貨)

「むすび屋」(こだわりの玄米おむすび・・・心を結びます)

「小まめ堂」(ラスク3種 六ヶ所村のルバーブ味 ほか)

吟遊詩人社(福島の子どもたちのためのチャリティCD)

花と爆弾 (チャリティ詩画集アートTシャツ

あとりえとおの(福島出身の画家さん)による
恩送りブース(似顔絵描き)

あとりえとおのさん
















            


当日お預かりいたしました募金は、全額をアフガニスタンとイラク、そして福島の子どもたちのために活動するNGOに寄付させていただきます。


神戸市中央区下山手通3-3-194階
              Tel 078-333-9000



お問い合わせ:小橋かおる



書:小阪美鈴 短歌:小橋かおる


追記:
第10回花と爆弾ピースライブはたくさんの方々のご支援のもと、
盛会のうちに終了いたしました。
ありがとうございました。
当日の様子を下記ブログにてご紹介させていただいております。

2013年5月9日木曜日

「花と爆弾」賛同企画:2013/5/26「被爆者医療から見た原発事故」講演会のお知らせ




内部被曝からこどもを守りましょう
放射能社会を生きる連続セミナー
 

第1回 被爆者医療から見た原発事故

日時 5月26日(日) 午後1時半~4時半
場所 神戸市勤労会館308号室(JR阪神阪急三宮東南歩4分国道2号線山側)
講師 郷地秀夫さん(東神戸診療所)
参加費1000円(原発避難者無料)
託児あり(5月19日までにお申し込みください)


講師プロフィール
郷地秀夫さん
 1947年東広島市生まれ。
 東神戸病院院長を経て現在、東神戸診療所所長。
 精神科・神経内科・リハビリテーション科・緩和医療などに
 携わりながら被爆者医療に取り組む。
 著書「被爆者医療から見た原発事故」(かもがわ出版)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京電力福島第一原発事故によって、私たちは放射能社会を生きていることを
実感するようになりました。
放射能の人体への影響について、ICRPなどの国際基準が作られていますが、
信じていいのでしょうか?
兵庫県下2000人の被爆者に関わってきた医師が、真実を語ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


主催 さよなら原発神戸アクション
問合せ先 高橋 090‐3652‐8652 dfadl300@kcc.zaq.ne.jp

**以上、さよなら原発神戸アクションブログより転載
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-category-23.html **



「花と爆弾」では、これまでもずっと白血病や小児ガンに苦しむイラクの子どもたちの治療を、JIM-NETさんなどのNGOを通して支援させてもらってきました。

放射線被曝がどれほど人体に影響があるものなのか・・・、それは、まだまだ明らかになっていない、また明らかにされていない領域だということを、イラクの子どもたちに気づかせてもらったと、私は思っています。

今回、講師でいらっしゃる郷地先生も、長崎原爆被爆者の方たちと関わってこられた中で、同じように気づかれたのではないかと、ご著書を拝読し感じました。

「私は長年、被爆者の診療にあたってきた。そして、原爆症に苦しむ被爆者を見ながら、病気のほとんどの原因を原爆放射線とは関係ないと言い続けてきた。(中略)それは、原爆放射線の被曝線量を過小評価し、放射線障害を過小評価してきたそれまでの研究を、信じてきたからだ。そのデータを基礎にしたICRPの基準を信じてきたからである。私は闇の中で暗躍する大きな力にだまされてきた。」(p.93「被爆者医療から見た原発事故」かもがわ出版)

現在、郷地先生は、原爆症認定集団訴訟にもご尽力されていらっしゃるとのこと。先生をも「だまし」てきたICRPの基準とは一体何なのか?分かりやすくお話していただける貴重な機会と思い、「花と爆弾」でも賛同させていただくことにしました。

また当日は、力不足ですが司会も務めさせていただきます。
ご都合よろしければ、ぜひお越しください。


=関連ブログ紹介(あわせてお読みいただければ光栄です)=
ブログWords for Peace
「繰り返される過小評価:放射線被曝の危険性~広島・長崎~チェルノブイリ~福島」
http://flowersandbombs.blogspot.jp/2012_07_01_archive.html





【後記】
講演会にはたくさんの方がご参加くださり、とても充実した会となりました。
郷地先生の講演の内容を一部ブログにてご紹介させていただきます。
Words for Peace: 被爆者医療から見た原発事故
http://flowersandbombs.blogspot.jp/2013_05_01_archive.html